アドセンスで稼ぐ方法(タイトル、コンテンツ編)

押していただくと
嬉しいです^^

↓↓↓↓

情報商材 ブログランキングへ

ビッグ水谷です。

adsensekey3

 

 

 

 

アドセンスで稼ぐにはタイトルが重要

アドセンスで稼ぐ方法で最も重要なもの、

まずは「タイトル」です。

 

当たり前と言えば当たり前なんですが、

最近のトレンドブログノウハウのほとんどで

アドセンスを推奨しています。

 

確かにトレンドブログはその性質上、

一時的にアクセスを集める事は出来る

のですが長続きしない、あるいは

悩み系や物販的な商品でもない限り

属性がぼやけてしまうのでクリック率が

アドセンス専用サイトよりも相当低い傾向に

あります。

 

トレンドブログ以外の、いわゆるアドセンス

専用のサイトで説明していきますね。

 

やはり1番アクセスの多いジャンルは

悩み系です。

 

グーグルアドワースのキーワードプランナーか

フェレットプラスで月間検索回数を調べます。

 

個人的にはフェレットプラスの方が動作が

軽いので好きですがどちらでも構いません。

 

あまり検索回数が多いものはなかなか

上位表示されないので、

2,000から5,000くらいのキーワードで、

そのキーワードを絡めたタイトルを作ります。

 

そうしたら、コンテンツを書いていくわけですが、

ここで、非常に重要な事があります。

 

アドセンスで稼ぐコンテンツとは?

 

それは、

文章を完璧にしないことなんです。

 

???と思うでしょうが、

コンテンツが完璧すぎると、訪問者は

それで満足してしまい、クリック率が

あまり伸びないんです。

 

これは、私のサイトで実証済みで、同じように

目的キーワードで1ページ目に上がってきていても

すごく気合を入れて作った、コンテンツが充実した

サイトはクリック率が低いんです。

 

検索エンジン的に文字数は800~1200文字位で

同じようなキーワードで同じくらいの順位の、

コンテンツ内容が今一ぱっとしないサイトの方が

クリック率が、倍くらい多いものが結構あるんです。

 

私の勝手な判断ですが、せっかく調べて

サイトにたどり着いても内容が今一なので

「ちぇっ」と言う気持ちになり、横や上の

広告に目が行き、思わずクリック、なんて

ことになっている気がしてならないんです。

 

これは、悩み系の中で、ジャンルが違っても

同じような感じなんです。

 

だから、私はアドセンス記事を書くときは

ほどほどにしか調べてない状態で書くんです。

 

手を抜いてるんじゃなくて、その方がクリック率が

上がるからなんです。

 

自画自賛のこれは良い出来(笑)のサイトで

アクセス解析を見てみると、どのページも

完全に記事を作っているせいか、

訪問者の割りにやたらページビューが

多いんです。

 

と言う事は、アドセンスコードをクリックせずに

他のページに移動して、満足してしまってる、

サイト作成者的には、嬉しいんですが、

これでは稼げません。

 

これとは反対に、コンテンツが適当なサイトでは

ページビューが訪問者の割りに少ないんです。

 

つまり、「参考にならないな、この記事は。あれ、

ここに興味深い文字がある。クリックしてみよう。」

 

こんな感じでアドセンスコードをクリックしている

感じなんですよね。

 

アドセンスは広告をクリックされてなんぼの

世界なんです。

 

ここが物販とは似ているようで似ていない点

なんです。

 

今のところ私はこの方法で

非常にうまくいっています。

 

もし、あなたがアクセスは結構あるのに

クリック(報酬)伸びない、と感じたならば

是非、この方法を試してください。

 

下手すると本当に倍近くクリック率が

上がるかもしれません。

 

私もひょんな事から発見しましたが

色々試してみると良いですよ。

 

 

 

 

 

 

 

ネットビジネス、情報商材の事など疑問に思ったことは気楽に聞いてくださいね。

⇒なんでも気楽に聞いてくださいね^^

不定期になりますがネットビジネス情報を発信しています。
⇒ビッグ水谷のメルマガ登録は

2年以上売れ続けている再現性の高いマニュアルです。
⇒初心者が速攻で稼げるノウハウ

とにかくキーワード選定、コンテンツ作成ノウハウがヤバイ
⇒継続的に稼ぐノウハウ

⇒ツイッターで集客、稼ぐなら

ビッグ水谷でした。
この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: アドセンス   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事のトラックバックURL :